【ダイエット】3か月で体重を約9キロ落として標準体重に戻した話

どうもこんにちは。いとらーです。

今回はここ3か月真剣に取り組んだ僕のダイエットについて話したいと思います。

僕は2021年10月の終わりから真剣にダイエットに取り組みだしました。

その時の体重は82.5キロ。身長が172なのでBMIは27.8。肥満です。

そこから3か月ダイエットして73.8キロまで落としました。8.7キロ減です。

3か月の体重推移
1か月の体重推移

今回はどうやって体重を落としたのかのお話をしたいと思います。

※僕は専門家でも何でもなくただの素人なのでその辺りは差っ引いてお読みください。

目次

ダイエットをしようと思った経緯

6,7年前に離婚して一人暮らしになって、さらに家庭教師も辞めて完全に自営業となってからは食生活が非常に乱れていました。

体重は増加する一方でした。確か離婚直後は68キロくらいだったような記憶があります。そこからコロナ禍でマックス84キロまで行っていましたので16キロほど増加しています。

1日にラーメン屋に2回行ったり、パスタの超大盛りを食べまくったりと今から考えると太るためのことしかしていませんでした。

しかし、それでも体重は何となく気にしていてランニングや運動、筋トレをして痩せようとはしていました。

しかし、痩せませんでした。

グルメが趣味だったので、食べることは辞めたくなかったんです。その代わり筋肉をつけたらいいだろうと。

しかし、体重の増加とともに運動もしにくくなりました。ランニングすると膝が痛くなったりして継続しません。

また持病の腰痛があるので重たいベンチプレスなどの筋トレなどもできませんでした。

なので中々効果が出ず、お腹にはたくさんの脂肪がついて動きにくいし体調も悪くなりやすい。完全にメタボの生活習慣病でした。

このままでは絶対に痩せないと思ったので大きくやり方を変えました。

断腸の思いで食事制限に踏み切る

僕は大のグルメ好きで、日々美味しいものはないか探している生活をしていました。

また大の麺類好きでとにかく炭水化物が大好物でした。

だからそれを辞めるのは非常に苦しかったのですが、そうでもしないと絶対にこのままでは痩せないと思ったので食事制限に踏み切りました。

まず食べる量を大幅に減らしました。

ラーメンならいつも大盛り焼豚麺にしていたのを普通盛りのラーメンにしました。

また夜の炭水化物は極力食べないようにしました。

これだけで初めはスルスル体重は減っていきました。すぐに3キロくらいは減りました。

それで食事制限に効果があることが分かったので本格的に色々と調べていきます。

糖質の高い食事は何なのか。痩せやすいタンパク質は何なのか。

そこで行き着いたのが魚でした。

これまで毎日のように食べていた肉、ハム、ソーセージを辞めて魚に置き換えました。

若い頃は魚なんてって思っていたんですけど、これが意外と美味しいんですよね。

鮭やさばなんかを焼いて食べていました。これで空腹は結構満たされましたし、グルメ欲もかなり満たされました。

魚を食べて美味しいと感じられたのが勝因です。

後もう一つあるとすれば、魚をフライパンで焼くときに使うホイルを知ったことです。

仕事も忙しいことからグリルを洗うのが面倒で焼き魚は避けていたんですけど、くっつかないホイルをフライパンに敷くだけで焼いた後はホイルを捨てるだけでよくフライパンは汚れません。これが僕には最も役立ちました。

このように食生活を変えることで3か月継続したら何とか標準体重になりました。

苦戦した最後の1キロ

標準体重まで後1キロとなった時あまり体重が減らなくなっていました。

体重計に乗っても「あれ?昨日と変わっていない」と絶望しました。

結構食事を制限しているので頭はぼーっとしていてだるいわけです。

そんな中体重という数値を見て減っていることだけが活力だったのにそれが減っていないので精神的に結構辛かったです。

きっと余分な脂肪などは燃焼されていて、減るものがなくなってきていたんでしょうね。

またこれ以上食べる量を減らすと逆に不健康になって免疫なども下がりそうだったのでどうすべきか悩みました。

今後は運動も取り入れて筋肉量を増やして代謝を上げる工夫も必要かもしれません。

意外な最も効果的だったダイエット方法

3か月前にYouTubeで動画を見ていてふと目に止まったものがありました。

その動画で言っていたのは、「ダイエットで最も効果的なのは体重を毎日記録すること」ということでした。

それを見て確かに体重はたまに測るくらいで毎日測ってなかったってことでした。

そこで、とにかく毎日体重を記録することだけをやりました。

面倒くさがりだったのでiphonに入っているヘルスケアというアプリを使いました。

それで、これが意外だったんですけど、記録するだけで体重が減っていったんですよね。

というか最初は面白かったのでご飯を食べたりトイレに行ったり寝て起きたりした後に小まめに体重を測りました。

今くらい食べたら500g増えたなとか寝たら1キロ減ったなっとか分かってきたんです。

そうすると外食でも家でもこれくらい食べたら体重減らないなとか何となく分かってきました。

カロリー計算とかをすれば良いんでしょけど細かいことまでは面倒だったのでこんな感じでざっくり食事の量を考えながらやっていきました。

元々脂肪が多かったのでこれは効果てきめんでした。

仕事でも帳簿を毎日つけろと言いますがダイエットでも同じなんだなぁと妙に納得したのを覚えています。

結局、生活習慣病

私の場合、太ったのは生活習慣病の一種であったと言えます。

偏った食生活を続けてしまったのが原因でしょう。

習慣というのは恐ろしいもので良い習慣悪い習慣ありますが、悪い習慣は中々気づきにくいんです。

だって習慣だから。

自分に根付いてしまっているので無意識にいつもと同じ行動を取ってしまう訳です。

だからいつまで経ってもなぜ痩せないかに気づかなかった。

これに気づいてから習慣を変えるまでがとても大変でした。

習慣を変えるには別の習慣を取り入れないといけません。

でも、習慣ってそんなにすぐ習慣にならないです。

だからそれを変えるに意志の強さは絶対に必要だなと思いました。

空腹で辛いですからね。いつも頭がぼーっとして気だるいですし。

また美味いものなども我慢しなければなりません。

美味しいものは毒であると考えるようになってからはかなり楽になりましたけど。

炭水化物や砂糖など調べれば美味しいものの取りすぎは体には良くないのは自明なんですよね。

美味しいものは毒であると脳に刷り込むことで何とか耐えていたような感じでした。

自信がついた!

このダイエットを決意した時標準体重に戻すのが目標でした。

結構この3か月は辛かったのでこの目標が達成されて嬉しかったです。

また自信がつきました。

やればできるんだ!っていうのがすごい自信になりましたよ。

成功体験を積むと良いというのは本当ですね。

長くなってきたのでそろそろこの日記を終わろうと思いますが私のダイエットはまだ続きます。

最も最適とされているBMI22までまだ後8キロほど落とさないといけません。

これまでの8キロは脂肪過多だったので落ちやすかったですけど、これからの8キロは違います。

だらしない贅肉の体から筋肉質の体に変えていかないと無理なんじゃないかなと思っています。

また急激に下げても不健康ですのでゆっくりと落としていこうと思っています。

その経過についてはまた報告させていただきます。

それでは!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

京都大学、京都大学大学院と進学し塾の先生をやっていましたが資格試験に失敗。
30代過ぎて職歴が無く就職活動も失敗し、自営業でスタートすることを決意。せどりと倉庫の日雇いバイトと家庭教師から始めて今ではせどり、情報発信、プログラミングで年収1000万ほどになりました。

コメント

コメントする

目次
閉じる